専門家に聞くツバメの巣の素晴らしさ

アナツバメの巣は、タンパク質と多糖類が結合したムチンが主成分であり、タンパク質と共に、糖質の一種であるシアル酸を多く含みます。またインターロイキン6や上皮成長因子(EGF)、繊維芽細胞成長因子(FGF)様のサイトカインが多種含まれることが近年わかってきました。古くから美容と健康に良いとされている漢方食材であり、楊貴妃だけでなく、清の西太后も連日のように食したと伝えられています。

中国の医薬書「本草綱目」の記載によると、ツバメの巣はカラダの機能向上、腎を補い、健胃、そして副作用はないとされています。ツバメの巣は、滋養強壮、体質改善を含め、肺機能回復、喘息、咳、痰などに効果があり、健康食品としても香港等を中心に、世界に普及しています。