もっと知りたいツバメの巣の働き

アナツバメはオスの唾液腺の分泌物のみで巣を作る

高級食材や美肌用品の素材として「ツバメの巣」という場合は、通常アナツバメ類のうちジャワアナツバメなど数種類の巣のことを指します。

アナツバメ類はアマツバメ目アマツバメ科に属し、東南アジア沿岸に生息しています。アマツバメ科のツバメは、ほとんど空中生活をしていて、繁殖期を除いてほとんど地表に降りることはありません。睡眠も空中でとると言われるほどです。巣材も地表から集めるのではなく、空気中に漂っている鳥の羽毛などの塵埃を集め、これを唾液腺からの分泌物で固めて皿状の巣を作るのです。一般のツバメの巣は泥や枯れ草によって作られますが、アナツバメは、空中から採集した巣材をほとんど使わず、ほぼ全体が唾液腺の分泌物のみでできた巣を作ります。これまでアナツバメは海藻と唾液を混ぜて巣を作ったという俗説がありましたが、基本的には海藻も含まれません。不純物がほとんどないということはまさに驚異的といえましょう。

アナツバメは海岸近くの断崖絶壁に巣を作る

アマツバメ科の鳥は、見た目ではスズメ目ツバメ科のツバメなどに似た姿をしていますが、むしろカワセミやブッポウソウに近く、日本のツバメとはかなり縁の遠い系統群の鳥といわれます。

またアナツバメは海岸近くの断崖絶壁に巣を作るとよくいわれますが、こういった場所に巣を作る習性の鳥は、しばしば鉄筋コンクリート製の建造物の増加した近代的な都市を本来の営巣環境と間違えて巣作りを行います。近年ではこのような習性を利用して、東南アジア諸国の鉄筋コンクリート製建造物の内部に条件を整えることで、集団営巣地を作らせることができるようになり、市場への供給量が容易になりました。

アナツバメの巣の採取は、東南アジア各国で採取の時期、採取方法などが厳重に管理されています。またアナツバメの生息地の環境保護のために立ち入り制限を行っています。アナツバメはヒナが巣立ちしてしまうと同じ巣を利用することはないので、アナツバメが放棄した巣を採取しているのです。オスは次の発情期になればまた唾液腺から特殊な分泌物を吐き出して新たに巣を作ります。

断崖絶壁における採取作業は常に危険が伴います。阮葵生の『茶余客話』には、よく訓練した猿に布袋を背負わせて採取したと記されています。

主に中国の南部に生息するアナツバメは、毎年2月から7月にかけて3回ほど巣づくりを行います。巣はオスのアナツバメが繁殖期に盛んに分泌される唾液を固めることによって作られます。