こんな悩みをお持ちの方にお勧めです

1年を通じてお肌のカサつきに悩む方が増えています


お肌のカサつきといえば寒くなる季節の悩みでしたが、最近は1年を通じて悩む方が増えています。お肌のカサつきとはどういう状態をいうのか、またどうしてなるのでしょうか?
お肌のカサつきは、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少による角質の水分含有量が低下している状態をいいます。そもそもお肌の水分は老若男女、発汗やお肌の呼吸などで減少しますが、若い人なら体の内側または大気中の水分によりすぐに供給され、潤いは自然に保たれるものなのです。

 

年齢、体質、気候、環境やライフスタイルなどの要因が関係


ただカサついている時のお肌は表面の潤いがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。年齢、体質、気候、環境やライフスタイルなどの要因が関係していますが、とくに加齢によるカサつきの悩みが圧倒的に多いようです。
お肌のカサつきは白く粉をふいたように見えますが、角質層の結合性が弱くなり浮き上がってきた角質細胞が肌の表面に付着したものです。

お肌がカサつくとお化粧のノリが悪くなるだけでなく、あごのラインが気になったり、目尻や顔の色つやが気になったりの原因にもなります。

 

潤いがずっと続く理想のお肌に近づくために!


美肌やターンオーバーを促進させるシアル酸は、肌に潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸を必要なところに誘導してくれる情報伝達成分とされています。つまり、コラーゲンやヒアルロン酸を単体でとるよりも、シアル酸とともにとることで、潤いがずっと続く理想のお肌に近づくことを意図しています。
一方、本来は食べ物から吸収しカラダの中にも存在するシアル酸ですが、加齢とともに日常の食生活では摂取が難しくなりがちです。お肌のカサつきはこういったところにも起因しているのでしょう。ツバメの巣に含まれるシアル酸は、ロイヤルゼリーの200倍といわれており、あなたの明日に最高級の輝きを与えてくれるでしょう。